【高校野球】甲子園決勝にまつわる4つのデータ 深紅の大優勝旗を手にするのは星稜か、履正社か | ニコニコニュース



    1948年の学制改革で「高校野球」となり、72回目の決勝戦

     夏の甲子園は、今日22日、阪神甲子園球場で決勝戦が行われる。1948年の学制改革によって「中等学校野球」が「高校野球」になり、今年で72回目の決勝戦となる。その決勝にまつわるデータを見ていこう。

    ○先行、後攻どちらが強い?

     決勝戦は、これまで後攻チームが39勝32敗。一般的にも野球は後攻の方がやや有利とされるが、それを裏付けている。また、後攻にしかできないサヨナラ勝ちは以下の6回となる。

    1973年 広島商
    1975年 習志野
    1976年 桜美林 延長11回
    1977年 東洋大姫路 延長10回
    1978年 PL学園
    1985年 PL学園

    ○決勝の引き分けは2試合

    決勝戦での引き分けは
    1969年 松山商0-0三沢(延長18回)
    2006年 駒大苫小牧1-1早稲田実(延長15回)
    の2回。再試合は
    1969年 松山商4-2三沢
    2006年 駒大苫小牧3-4早稲田
    という結果になっている。引き分け再試合で奮闘した三沢の太田幸司、早稲田実の斎藤佑樹は、ともにアイドル的な人気となった。2018年センバツからタイブレーク制が導入されたが、決勝では採用されない。

    ○優勝チームの平均スコアは5-2

     優勝チームの得失点は395得点152失点(引き分け試合での得失点を含む)。1試合の平均では5.41得点2.08失点。5対2が平均スコアとなる。対照的に、その得失点差が大きかった試合は以下のようになる。

    17点差 2008年 大阪桐蔭17-0常葉菊川
    13点差 1999年 岡山理大付1-14桐生第一
    12点差 2010年 東海大相模1-13興南
    11点差 2011年 光星学院0-11日大三
    11点差 2018年 金足農2-13大阪桐蔭

     大量得点差の試合はここ20年以内に集中的に出ている。近年、筋トレなどでパワーアップする高校が増えて、打撃力が向上。それによって打撃戦が増え、ワンサイドゲームが増加している。

    都道府県別では大阪府が最多勝

    都道府県別の決勝勝利数5傑
    大阪府 12勝4敗(八尾、浪商、明星、興国、PL学園大阪桐蔭
    神奈川県 7勝3敗(湘南、法政二、東海大相模桐蔭学園、横浜、横浜商)
    東京都 6勝1敗1分(桜美林、早稲田実、帝京、日大三
    愛媛県 5勝4敗1分(松山東、松山商、西条、新居浜商、済美)
    兵庫県 4勝0敗(芦屋、東洋大姫路、報徳学園、育英)

     兵庫県は4回決勝に進出して全勝、対照的に静岡県(静岡、静岡商、常葉菊川)は、5回進出していずれも敗退している。

     星稜が決勝に進んだ石川県は、1995年に星稜が決勝戦に進出しているが、このときは帝京に1-3で敗れている。北陸勢(石川県富山県福井県)での決勝進出は石川県の2例だけ。

     一方で履正社は夏の甲子園では初の決勝進出。春は2014年2017年に決勝に進出しているが2014年龍谷大平安に2-6、2017年大阪桐蔭に3-8で敗れている。

     大阪府石川県の決勝での対戦は初めて。いずれも甲子園の初優勝をかけての戦いとなる。(広尾晃 / Koh Hiroo)

    夏の甲子園は22日に阪神甲子園球場で決勝戦が行われる


    (出典 news.nicovideo.jp)



    「第66回夏の甲子園」KKコンビに挑んだ「もう1つの金農旋風」 | ニコニコニュース



     アナタは“金農旋風”をご存知だろうか?といっても、吉田輝星北海道日本ハム)を擁して昨年夏に甲子園準優勝に輝いた金足農(秋田)のことではない。今から35年前に“もう一つの金農旋風”があったのだ。

     1984年第66回夏の選手権準決勝。前年夏の覇者・PL学園(大阪)が追いつめられていた。桑田真澄清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”が2年生だった時のチームである。試合は7回を終わって1‐2とPLが1点のビハインド。夏の大会2連覇を狙う王者相手に、世紀の番狂わせまであと2回と迫っていたのは全国的には無名の初出場校・秋田県代表の金足農であった。

     同校はこの年の春選抜で春夏を通じて甲子園初出場を果たしたこともあって、夏の県予選では本命視されていた。そしてみごと夏も甲子園行きを決める。甲子園では初戦から広島商を6‐3、別府商(現・別府翔青=大分)を5‐3、唐津商(佐賀)を6‐4、新潟南を6‐0と勝ち上がってきた。その原動力となったのが県内では中学時代から速球で有名だったというエース・水沢博文。金足農はこの水沢を慕って地元で評判の選手が集まったチームだったのだ。

     それでも戦前の予想は当然のように“圧倒的にPL有利”。だが、その下馬評を水沢の右腕が覆していく。初回にいきなり先制点を取れたのも大きかった。金足農は2死二塁から4番・長谷川寿の打球が不規則なバウンドのラッキーヒットとなって1点を先制。投げては水沢が3回まで強打のPL打線を3四死球のノーヒットに抑える。4回裏の2死から6番・北口正光に左前へ初安打され、7番・岩田徹にも死球とピンチを招いたが、水沢が巧みなけん制球で一塁走者を刺し、得点を許さなかった。

     PL打線がようやく反撃したのは6回裏だった。1死一、二塁から6番・北口がライト線に運ぶ適時打を放ち、なんとか1‐1の同点に追いついたのである。それでも金足農は水沢が踏ん張り、後続を抑える。こうして試合は同点となって終盤へと突入していったのだ。

     その7回表。取られた直後に金足農がすかさず1点の勝ち越しに成功する。2死ながら二塁に走者を置き、7番・原田好二がピッチャー・桑田を強襲する適時打を放ったのだ。その裏のPLの攻撃も水沢が3者凡退に抑える。実は水沢は当時の高校生投手にしては珍しくシュートを得意としていた。PLの各打者たちは内角を突くシュートを意識するぶん、外角へのスライダーカーブに泳いだ。水沢とバッテリーを組む捕手・長谷川の好リードにも翻弄され、狙い球を絞りきれずにいた。7回まで三振0ながら築かれる凡打の山。甲子園に詰め掛けた大観衆の間には“ここでPLが敗れてしまうのか”という緊張感がすでに走っていた。そんな中でついに運命の8回裏を迎えることとなるのである。

     この回、1死から水沢は4番・清原を四球で歩かせてしまう。続く打席には桑田。ここまでの3打席はカーブを引っ掛けさせて打ち取っている。この場面で金足農の捕手・長谷川はこう考えた。「カーブボール球で誘っておいて、そのあとの内角真っすぐで詰まらせる。もし、カーブに手を出してきても、ボール球なら引っ掛けてくれる」。初球は外角の直球でストライク。そして2球目。サインカーブボール球である。だが、この土壇場で準々決勝までの4試合をほぼ一人で投げ抜いてきた右腕のコントロールが狂った。すっぽぬけたボールが魅入られるようにやや外角高めのストライクソーンへ。一方、桑田は監督からの指示もあり、完全にカーブに的を絞っていた。その桑田のバットが一閃。高く舞い上がった打球は一直線にレフトポールの上を超えていく。長谷川からは「ファウルに見えた」打球だったが、塁審の手は回っていた。PLにとっては起死回生の特大逆転2ラン。これぞまさに王者の底力であった。

     最後の最後で大ドンデン返しを食らった金足農に、もはや反撃する力は残っていなかった。9回表の攻撃はあっさりと3人で終了。だがヒット数ではPLの5本に対して金足農は8本。その健闘を讃えた場内からの温かい拍手はしばらくの間、鳴り止むことはなかったのである。

     かたや、苦戦の末に2年連続決勝戦進出を果たしたPL。2連覇は確実と思われたが、名将・木内幸男率いる取手二(茨城)相手に決勝戦も大接戦。結果、延長10回の激闘の果てに4‐8で惜敗し、V2を逃したのであった。

    高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)



    高校野球、転売問題は高野連にも責任?ファンの批判が飛び火しているワケ | ニコニコニュース



     大阪・履正社と石川・星稜が、22日に雌雄を決する今年の甲子園決勝。その一戦を観戦するための前売りチケットが、ネット上で多数転売されている。

     今大会の前売りチケット(一般)は、「中央特別指定席」が2800円、「1・3塁特別自由席」が2000円という値段設定がされている。しかし、オークションサイトフリマサイトを見ると、前売り・当日に関係なくほとんどの席種が定価の数倍以上で出品されており、中には10倍以上の値段で取引されているものも見受けられた。

     履正社、星稜の両校にとって集大成となる大一番が、金儲けのダシに使われているという現状。ネット上の高校野球ファンからは、「本当に観戦したいファンの気持ちを考えろ」、「こいつらのせいでチケット買えなかったと考えると本当に腹が立つ」、「転売する奴はもちろん、それを買う奴も同罪」といった批判が殺到している。

     一方、中には大会を主催する日本高校野球連盟(高野連)に向けた「十分な対策とらない高野連にも腹が立つ」、「チケットに注意文追加するぐらいできないのか」といった怒りのコメントも。責任の一端が、高野連にもあると考えているファンも一定数存在することが浮き彫りとなっている。

     チケット転売問題に関しては、昨年12月に「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(チケット不正転売禁止法)が成立し、今年6月14日から施行。これにより、転売禁止の旨や購入者の氏名といった情報が記載されているチケット(特定興行入場券)であれば、転売行為を法律で取り締まることが可能となっている。

     法律の成立・施行を受け、具体的な対策に乗り出したスポーツ団体もある。例えば、プロ野球DeNAは今年2月に「チケットの不正転売および、転売目的購入の禁止について」というタイトルの文章を公式サイトに掲載し、本人確認や2次流通マーケットの設置といった対策を強化することを表明。

     その後の報道によると、現地では開幕後から係員が身分証・チケットの照合を抜き打ちで行っており、この結果不正が認められた場合は該当者にファンクラブ退会や以後のチケット購入禁止といったペナルティを下す。さらに、これと並行してネット上における転売品の出品状況にも目を光らせているという。

     また、サッカーJ1・川崎フロンターレも転売対策の一環として、今年9月から「シーズンチケット」を電子化。これを皮切りに、来年は通常チケットでも電子化を順次進めていく予定となっている。

     一方、高野連は公式サイト上には「営利目的の入場券の転売は、固く禁止しています」という注意文を記載しているものの、肝心のチケットにはその旨を明記していない。そのため、今現在転売されている決勝のチケットは、その全てが法律の保護対象から外れてしまっているというのが現状だ。

     始発の電車に乗っても、チケットを入手できないといわれる昨今の甲子園大会。それでも足を運んでくれるファンのために、高野連には迅速な対策が求められているといえそうだ。

    文 / 柴田雅人

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ