2019年04月


    『野球』についてまとめてみた




    <関連する記事>



    松井秀喜氏 高校生“160キロ時代”「高校時代の私では打てない」 松井秀喜氏 高校生“160キロ時代”「高校時代の私では打てない」
    ――野球教室を行う際、野球人口の減少を危惧する発言が多い。自身の使命とは。 「大きなことは考えていないです。子供たちに楽しんでもらって、野球のよさを…
    (出典:野球(スポニチアネックス))

    松井秀喜氏 巨人軍は球界の見本であれ「強くあれ、紳士たれ、米野球に追いつき追い越せ」 松井秀喜氏 巨人軍は球界の見本であれ「強くあれ、紳士たれ、米野球に追いつき追い越せ」
    …本紙の単独インタビューに応じた。星稜入学(平2)から日本の野球殿堂入り(平30)まで、野球人生を通じて「平成」を沸かせたスラッガーが、「令和」への改元…
    (出典:野球(スポニチアネックス))

    <関連する画像>




    (出典 www.ogu-h.ed.jp)

    (出典 www.nikkansports.com)

    (出典 www.johobbc.com)

    (出典 tk.ismcdn.jp)

    <ツイッターの反応>


    しおぽん
    @shioponmomo

    こうなってくるとプロ野球チームも欲しいしなぁ BCリーグみたいなやつでもいいから

    2019-04-29 23:52:16

    (出典 @shioponmomo)

    横浜☆レモンサワー
    @A_lemon_sour

    平成野球史を彩ったブルーウェーブの名将、仰木彬が見せてくれた「最後のマジック」(阿佐智) https://t.co/YBSTgBMHuL

    2019-04-29 23:52:14

    (出典 @A_lemon_sour)



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/30(火) 12:22:28.83 ID:5Fh7M/OX9.net

    ◇松井秀喜氏 単独インタビュー(2)

    巨人やヤンキースで活躍し、日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏(44)が、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。
    星稜入学(平2)から日本の野球殿堂入り(平30)まで、野球人生を通じて「平成」を沸かせたスラッガーが、
    「令和」への改元を前に古巣・巨人、日米球界、次代を担うスターへの思いを熱く語った。 (聞き手・大林 幹雄)

    ――大リーグ移籍時は野茂英雄氏に始まり日本選手が次々と海を渡る流れがあった。

    「メジャーでプレーできたという意味では幸運でした。野茂さんが行かなかったら、どうなったか分からないですが、FAがあったから、行く人は行ったでしょうけど、もう少し遅くなったのではないでしょうか」

    ――日米で活躍した野茂氏、松井氏に加え、イチロー氏も引退。米国では田中、ダルビッシュ、前田らが円熟期を迎え、二刀流の大谷も誕生した。

    「何を期待しているとか、そういうのは一切ないかな。一野球ファンとして客観的に見ているだけで。頑張って日本にいい話題を届けてほしいというのはもちろんあります」

    ――大谷は高校時代に160キロを出し、新たな160キロ超えの投手として大船渡・佐々木投手が話題。映像などを見たことは。

    「一度、ニュースで取り上げられていたのは見ましたね。高校ジャパンのニュースは」

    ――感想は。

    「投手のことは分からないですが、それだけ騒がれているので、もちろん凄い投手なんだろうと思います。御社評論家の張本さん、中畑さんに聞いてください(笑い)」

    ――高校生の球速はどんどん上がっている。変化を感じるか。

    「野球全体のレベルは間違いなく上がってきていると思いますよ。昔から比べると全体のレベルは絶対に上がっていると思います。
    個人が160キロ投げるようになった要因はちょっと分からないですが。高校時代の私が今の野球に飛び込んでも、当時と同じように打てないと思いますよ。
    私たちの時代は140キロを投げる投手もほとんどいなかった。スピードガンが全く一緒かどうかは分からないですが」

    ――指導した1Aなどで20歳前後で100マイル(約161キロ)を投げる投手は?

    「たまにいますよ。ただ、球が速い投手がいい投手かというと、必ずしもイコールではないんですよね。
    もちろん、武器の一つなんですが。100マイル投げていい投手なら、1Aにはいないんです。速いボールを投げるのは一つの武器なんですが、それだけでは上には行けないんですよ」

    ――野球のレベルアップにデータ分析や科学的なトレーニングも影響しているか。

    「データ活用は、間違いなくあると思います。我々の時代にもありましたが、今ほど細かくはなかったんじゃないかと思います」

    ――データや科学的なトレーニングに偏ることの弊害や懸念は。

    「それは私には分かりません。それぞれ正しいと思うものを選択するしかないですよね。それは人それぞれの自由だと思いますね」

    ――野球教室を行う際、野球人口の減少を危惧する発言が多い。自身の使命とは。

    「大きなことは考えていないです。子供たちに楽しんでもらって、野球のよさを分かってもらえればそれでいいかなと思っているので。
    活動をしていても(全野球人口の)何万分の、何十万分の1くらいでしょうから。(人気復活は)希望ですよね。やっぱり野球の人気は高くあってほしいなとは思います」

    ――グラウンドに戻って新たなスターの育成が待望されている。

    「そんなにされていないと思いますけど。現時点では考えていないです」

    ≪日米で野球教室≫12年限りで現役を引退した松井氏は、15年3月にヤンキースのGM特別アドバイザーに就任。
    傘下マイナーチームの指導にあたり、今年で5年目を迎える。また、15年4月にはNPO法人「松井55ベースボールファウンデーション」を設立し、日米各地で野球教室を実施。4
    月20日にニューヨーク近郊で行ったものが設立以来17回目の開催となった。

     ◆松井 秀喜(まつい・ひでき)1974年(昭49)6月12日生まれ、石川県出身の44歳。星稜から92年ドラフト1位で巨人入団。
    02年オフにFA宣言し、ヤンキースへ移籍。09年に自身初のワールドシリーズ優勝を果たし、日本選手初の同シリーズMVP。翌年からエンゼルス、アスレチックス、レイズでプレーし、12年限りで現役引退。
    日米通算2643安打、507本塁打。13年5月には国民栄誉賞を授与された。15年3月からヤンキースのGM特別アドバイザー。右投げ左打ち。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000087-spnannex-base
    4/30(火) 8:31配信


    【【野球】松井秀喜氏 高校生“160キロ時代”「高校時代の私では打てない」野球全体のレベルは間違いなく上がってきている】の続きを読む


    『野球』についてまとめてみた




    <関連する記事>



    松井秀喜氏 高校生“160キロ時代”「高校時代の私では打てない」 松井秀喜氏 高校生“160キロ時代”「高校時代の私では打てない」
    ――野球教室を行う際、野球人口の減少を危惧する発言が多い。自身の使命とは。 「大きなことは考えていないです。子供たちに楽しんでもらって、野球のよさを…
    (出典:野球(スポニチアネックス))

    松井秀喜氏 巨人軍は球界の見本であれ「強くあれ、紳士たれ、米野球に追いつき追い越せ」 松井秀喜氏 巨人軍は球界の見本であれ「強くあれ、紳士たれ、米野球に追いつき追い越せ」
    …本紙の単独インタビューに応じた。星稜入学(平2)から日本の野球殿堂入り(平30)まで、野球人生を通じて「平成」を沸かせたスラッガーが、「令和」への改元…
    (出典:野球(スポニチアネックス))

    <関連する画像>




    (出典 www.nbs-tv.co.jp)

    (出典 030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp)

    <ツイッターの反応>


    杉本憲治
    @sugipon0511

    『広澤克実』とか、レジェンドが主役のプロ野球ゲーム!一緒にプレイしよ!⇒ https://t.co/49YhAh2SiW https://t.co/3b7BKcNu6F

    2019-04-29 23:49:38

    (出典 @sugipon0511)



    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/30(火) 12:15:07.04 ID:5Fh7M/OX9.net

    「貴乃花」家族和解でひもとく有名人「骨肉の争い」――イチロー

    3月21日、東京ドームに詰めかけた4万6451人のファンに拍手で送られ、28年間のプロ生活にピリオドを打ったイチロー(45)。試合終了後に行なわれた引退記者会見では、弓子夫人(53)について、

    「一番頑張ってくれたと思います。僕はアメリカで3089本のヒットを打ったんですけど、試合前は妻が握ってくれたオニギリを食べるんです。その数が2800個くらいなんですよ。3千個行きたかったですね」

    と語り、陰で支えた伴侶を労った。加えて愛犬、一弓(いっきゅう)への感謝も口にした。しかし、と言うよりもやはり、チチローこと宣之(76)には触れないままの85分間だった。

    電動工具部品製造工場を営んでいたチチローは、息子をプロ野球選手にしたいと、イチローが小学4年生の時から、元日を除く年間364日、バッティングセンターに連れて行った。
    イチローが日本を代表する打者となった94年には息子の個人事務所を立ち上げ、社長に。あたかも一心同体であった。

    そんな関係が断絶する発火点は、イチローがTBSのアナウンサーだった福島弓子と結婚した99年のこと。複数のスポーツ紙記者の証言を総合すると、以下のようになる。

    「チチローはとにかく出たがりなんです。イチローの成功は、自分無しではあり得なかったとばかりに、メディアに笑顔を振りまいていました。
    でも、決定的な亀裂が入ったのは結婚です。弓子さんが8歳も歳上で、現日ハム監督の栗山英樹と交際していたことに難色を示してダダをこねたり、“孫の顔を見たい”と常々口にしたり……」

    どちらが子供なのかよくわからない状況から、とりあえず距離を置き始めたイチローはメジャーで3シーズン目へと突入する03年1月、更なる試練の時を迎える。
    それはロジャー・クレメンスの剛球でもデレク・ジーターの堅守でもなく、名古屋国税局からの9千万円の申告漏れの指摘だった。当時取材した記者によると、

    「とにかくチチローの管理が杜撰だったことは間違いありません。
    イチローにしてみれば、カネには困っていないのに、父親のせいでセコいイメージをつけられたという思いが募ったことでしょう」

    この03年には、別の“事件”も起こっている。広島カープ元監督の古葉竹識(たけし)が広島市長選に立候補。
    イチローは応援演説を依頼された。と同時に、チチローも応援要請を受けていたのだ。しかしイチローは、

    「絶対に親父を街頭に立たせないで下さい。演説をすれば、必ず僕のことに触れる。親父には、もう自分について話してほしくないんです」

    と、厳しい口調で選対関係者に詰め寄っている。
    イチローのただならぬ怒りを耳にした古葉陣営の人間は、冷え切った親子関係に背筋が凍る思いがしたそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00560818-shincho-base
    4/30(火) 8:02配信


    【【野球】イチローとチチローの親子断絶 発火点は“弓子夫人との結婚”】の続きを読む



    (出典 www.nippon-shinyaku.co.jp)



    1 静岡大会 :2019/03/30(土) 21:41:58.93 ID:eBObaEjz.net

    日本野球連盟
    ttp://www.jaba.or.jp/
    ttp://www.jaba.or.jp/mobile/ (携帯サイト)

    まとめサイト
    ttp://sports.geocities.jp/ama_tibt/

    ※前スレ
    ◆社会人野球総合スレッド 120◆
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mlb/1550987286/


    【◆社会人野球総合スレッド 121◆】の続きを読む

    このページのトップヘ